FAQ
[よくあるご質問]
希釈倍数がよくわからないので教えてください。
植穴処理、株元散布、作条処理の違いを教えてください。
 
化学 天敵 肥料/土壌改良剤 マルハナバチ 農業資材 その他
質問  
[化学農薬全般]
希釈倍数がよくわからないので教えてください。
回答   希釈倍数が1000倍でしたら、水(使用液量)1リットルに対して1gの水和剤、または1mlの乳剤が必要です。(水1000ml÷希釈1000倍=1gまたは1ml)
水と薬剤をよく撹拌してから散布してください。下記に「農薬希釈早見表」を記載いたします。
   
質問   [化学農薬全般]
作物群(作物の分類)がよくわかりません。
例えば、「非結球レタス」とは、どの作物を指しますか?
非結球レタ
回答   「非結球レタス」に分類される作物は、かきちしゃ(サンチュ、チマサンチュ)、サラダ菜(バターヘッド型レタス、バターヘッド型たまぢしゃ)、立ちちしゃ(ロメインレタス、コスレタス)、美味タス(ビミタス)、リーフレタス(葉ちしゃ、チリメンチシャ、サニーレタス、シルクレタス、フリルレタス)になります。
その他の農薬登録における適用作物名についてはこちらを参照してください。
質問  
[オルトラン粒剤]
植穴処理、株元散布、作条処理の違いを教えてください。
回答   植穴処理
苗を植えるために開けた穴の中(植穴)に、粒剤を散布することです。
  株元散布
株の周辺に、粒剤を散布することです。
  作条散布
作条に農薬を施用して、表土と混和することです。
 

【3分でわかる「オルトラン粒剤」の使い方】の動画もございます。
詳しくは、こちらを参照ください。

質問  
[オルトラン粒剤、オルトラン水和剤]
以前と使い方のラベル(製品の適用表)が変わっていますが、なぜでしょうか?
回答  
ARFD(急性参照用量)という新しい農薬の基準値が発表され、この基準値に合わせてオルトランの有効成分であるアセフェートを含む薬剤に関して登録内容の見直しをすることになりました。その際にいくつか変更しなければならない作物が出てきたため、整理したものが現在の登録内容となっております。
質問  
[オルトラン粒剤]
生育期葉面散布(トップドレッシング)の使い方を教えてください。
回答  
以前「オルトラン粒剤」は、生育期葉面散布(トップドレッシング)の登録がありましたが、現在は使用方法が変更となり、生育期葉面散布(トップドレッシング)は使用できなくなりました。登録内容の詳細はこちらで確認ください。

▲ページ上部へ