ジャックポット顆粒水和剤
微生物殺虫剤
ジャックポット顆粒水和剤
      (BT水和剤)
ジャックポット顆粒水和剤
 
有効成分:
バチルス チューリンゲンシス菌の生芽胞及び
産生結晶毒素10.0%(力価として1000B.m.H.単位/mg)
作用機構分類:
殺虫剤分類
11A
性状:
褐色水和性粒状
有効期限: 3年
包装: 100g×50袋  500g×10袋 アルミ袋包装
  安全データシート(SDS)はこちら
  「有機JAS」適合証明書はこちら


[特 長]
微生物殺虫剤であり、環境に対する影響、各種残留問題、人畜に対する毒性の心配がありません。
ジャックポット顆粒水和剤の殺虫成分は、アイザワイ系統ですが、クルスターキ系統のタンパク毒素も持っている=ハイブリッド型であるため、両系統の殺虫活性を併せ持っています。
→アイザワイ系統のハスモンヨトウ・ヨトウガ・シロイチモジヨトウに対する効果
→クルスターキ系統のコナガ・アオムシ・オオタバコガに対する効果
JAS法に適合し、農薬散布回数にカウントされませんので、有機栽培・特別栽培農産物でも使用可能です。


 
[適用害虫と使用方法]  
2022年11月9日の適用拡大内容
作物名「とうもろこし」及び「飼料用とうもろこし」の「ツマジロクサヨトウ」に対する希釈倍数を「500倍」から「500~1000倍」に変更する。
作物名 適用
病害虫名
希釈
倍数
(倍)
使用液量 使用時期 本剤の
使用
回数
使用
方法
BTを含む
農薬の
総使用回数
野菜類
(はくさいを除く)
コナガ
アオムシ
オオタバコガ
シロイチモジヨトウ
1000 100〜300L/10a 発生初期
但し、 収穫
前日まで
散布
きゅうり ウリノメイガ
とうもろこし
飼料用とうもろこし
ツマジロクサヨトウ 500〜
1000
はくさい コナガ
アオムシ
オオタバコガ
シロイチモジヨトウ
1000 発生初期
但し、結球
開始前まで
キャベツ ヨトウムシ
ハスモンヨトウ
発生初期
但し、 収穫
前日まで
日本なし ハマキムシ類 200〜700L/10a


[使用上の注意事項]

散布液は十分かき混ぜて調製し、そのまま放置せず、できるだけ速やかに散布すること。
アルカリ性の強い石灰硫黄合剤、ボルドー液などの農薬及びアルカリ性の強い葉面散布施用の肥料などとの混用はさけること。
はくさいに対しては、薬害が生じるおそれがあるので、結球期以降の散布はさけること。
本剤は若齢幼虫に有効なので、若齢幼虫期に時期を失せずに散布すること。
蚕に対する毒性があるので、養蚕主要県その他主要養蚕地帯及び養蚕農家、共同飼育場などの周辺では施用しないこと。また、これら以外の場所でも付近に桑園がある場合は、飛散してかからないよう風向等に十分注意して散布すること。
ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。
(1) ミツバチの巣箱及びその周辺にかからないようにすること。
(2) 受粉促進を目的としてミツバチ等を放飼中の施設や果樹園等では使用をさけること。
(3) 関係機関(都道府県の農薬指導部局や地域の農業団体等)に対して、周辺で養蜂が行われているかを確認し、養蜂が行われている場合は、関係機関へ農薬使用に係る情報を提供し、ミツバチの危害防止に努めること。
本剤の使用に当たっては、使用量、使用時期、使用方法等を誤らないように注意し、特に適用作物群 に属する作物又はその新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用すること。なお、本剤を初めて使用する場合は病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。


[安全使用上の注意事項]

本剤は眼に対して刺激性があるので眼に入らないよう注意すること。眼に入った場合には直ちに水洗 し、眼科医の手当を受けること。
散布液調製時及び散布の際は保護眼鏡、農薬用マスク、手袋、不浸透性防除衣などを着用するとともに保護クリームを使用すること。
作業後は直ちに身体を洗い流し、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換すること。
作業時に着用していた衣類等は他のものと分けて洗濯すること。
かぶれやすい体質の人は作業に従事しないようにし、施用した作物との接触をさけること。
夏期高温時の使用をさけること。
   
保管…直射日光をさけ、食品と区別して、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。
   
 

農林水産省登録 第22654号

Certis USA Limited Liability Company